>> ベースフードを【超お得】に購入する方法

【会社員向け】副業したいけど時間がない人への解決策【結論、文章力アップです】

悩んでいる人

副業したいけど時間がない!会社ではムダな会議や残業も増えたしな…
転職もしたいけど副業もしたい…

悩んでいる人

まずは小さく副業始めたいけど。仕事終わって帰宅して、YouTube見て、ご飯食べたらもうヘトヘト。時間ない…

悩んでいる人

副業で動画編集やプログラミングとかって、正直そんなに興味がないし、今の仕事やりながらだと相当キツそう…
時間ないけど、まず何からすればいいんだろう?

こんな焦りや不安を抱えていませんか?

✔本記事の内容

  • 時間がない人は「すべきでないこと」を排除
  • 時間がないけど副業したい人は文章力をアップすべし
  • 文章力をアップする3つの方法

僕も副業を始めたいけど、時間がないことに悩んでいました。特に20代から30代、40代と年齢が上がっていくことで、会社では求められるものも増え、残業も増えますよね。

とはいえ、「時間がない」と言っても、時間はみんな平等に1日24時間が与えられている。

お金の場合は、自分が働いている業界や規模、その人の生まれとかもあって格差はあるし、解決できないことも多い。

今回は、時間をどうやって作り出すか。さらに副業を始める上でなぜ文章力が必要なのか、文章力アップが副業につながるイメージを中心に解説します。

✔本記事の信頼性

そもそもお前は文章力あるのかよ?ってなりますよね。僕もまだまだですが一応、学生時代に読書感想文のコンクールで入賞したことはあるレベルです。最近は文章力を活用して転職に成功しました。年収アップだけでなく完全フレックスかつ在宅勤務OK、定時16:30になったので時間を作ることができています。

年収アップも嬉しいですが、自分の時間が増えるのはもっと嬉しいですよ。副業にも挑戦しやすくなりますし。

それでは、ぜひじっくりとご覧ください。

読みたい場所をタップ!

時間がない人は「すべきでないこと」を排除せよ

時間がない人向けにおすすめの本3選

突然、いきなり本かよ?って言う人もいると思います。ごめんなさい。

しかし、「Think Smart」や「1%の努力」、「諦める力」は時間がない人ほど読んでほしい。

理由は、これら3つの本は「何が成功をもたらしているか?」ではなく、「何が成功を妨げるのか?」を考えるきっかけになるからです。

時間がない人に当てはめると、「どうやって時間を作るのか?」ではなく、「何が自分の時間を奪っているのか?」です。

ここで本の要約について触れませんが、気になった方はYouTubeとかでさらって見てもいいし、本屋の立ち読みでもいいでしょう。

時間がない!、時間がもっと欲しい!って考えている人は、普段自分はどんなことに時間を使っていますか?

例えば、スマホを見ている時間。スマホがiPhoneなら一般→スクリーンタイムでスマホを触っている時間が分かります。

僕の場合、ざっと1週間で40時間。もしこのペースでスマホを使い続けていると、月で160時間、年間で1,920時間です。かなりの時間をスマホに使っています。ちょっと反省ですね。とはいえ、最近スマホで動画学習することも増えたので想定内。

こんな感じで、今日1日、今週1週間、今年1年間で自分は何に時間を使っているか、整理することをオススメします。

その中で、使った時間について無駄だったなと感じたものはありませんか?

例えば、僕のとある1週間だと、

  • 意思決定できない会議:4時間
  • 明日でも良い残業:2時間
  • 楽しくない飲み会:2時間
  • なんとなくつけたテレビ:2時間
  • なんとなく見たYouTube:3時間
  • なんとなく見たスマホ:5時間

考えただけでたくさん出てきます。やりたくないこと、無駄だなって思ってることは色々ありますが、まずは自分がどんなことに時間を使っているのか書き出してみましょう。

「時間を作る」とはやらないことを決めること

「時間をつくる」とは「やらないことを決める」ことです。

やらないことを決めると自然と時間ができますよね。やらないこと、やりたくないことを徹底的に考えてみましょう。意外とやりたいことよりは簡単に見つけられるのでは?

例えば、僕のやりたくないことリストは、

  • 人混みは嫌いだから満員電車に乗りたくない
  • 何も決まらない会議に参加したくない
  • 休日はいいけど平日は料理したくない
  • お酒は頭が痛くなるから飲みすぎたくない
  • 面白くないテレビは見たくない

挙げるとキリがないかもしれませんが、徹底的に考えてみてください。なるべく具体的に。

やりたくないことリストを作ったら、時間はすぐに作れるようになります。あとは、「やりたくないこと」やらないだけです。さらに、やらない期限を決めましょう。

理由は、期限がないと先延ばししてしまうからです。

先延ばししないためには、期限を決める。けれど、すぐには変えられないこともあるでしょう。

例えば、満員電車に乗りたくない。けど、満員電車に乗らないと会社に行けないという人もいるはず。早起きすれば大丈夫と思ってできる人なら悩んでいないでしょう。

満員電車に乗りたくないなら、会社に近い場所に引っ越すか、リモートワーク可能な会社に転職するか、完全フレックスタイム制の会社に転職するか、などの選択肢になりますよね。では、そのためには何をやればいいのか?って感じで考えると自分にとってやらなきゃないけないことが分かってきます。

やりたくないことのやらない期限を決めれば、やらなきゃいけないことは明確です!断言します!

ぜひ行動してみましょう。時間が確保できれば、副業だろうが転職だろうが自分のやりたいことができるようになります。まずは、お金より時間の確保です。

文章力は副業の武器になる

時間がない人が文章力をアップさせる理由

文章力とは伝えたい相手に伝えたいことが届く文章を書く力です。文章力を磨けば、伝えたいことが伝わるようになるので会社の仕事もサクサク進みます。

さらに、副業では身に付けたスキルを換金するのに文章力は欠かせない。

最初にも触れましたが、時間がない人はやりたくないことを思考停止でイヤイヤやっていることが多い。

理由は、自分が何に時間を使っていて、なぜ時間がなくなってるのかが整理できていないからでした。

仕事も同じで、自分が今、一番やらなきゃいけないものは何か?それが整理できていないと辛い。さらに、困っていることが相手に伝わらないと苦労します。そこで、文章力です。

いくらプログラミングや動画編集などの副業スキルを磨いても文章力がないと、クライアントと取引きできないし、何よりスキルを磨く過程で挫折するはず。

よく「個」の力を高めるとか言いますけど、1人で仕事が完結することはありえない。「弧」の力ではなく「個」の力です。似て非なるものですね。文章力を磨いていない人は「弧」って感じです。

文章力を深掘りすると6つの力に整理される

文章力でググるとこんな記事が1位に出てきます。

この中では文章力を6つに整理しています。

論理力:頭の中を整理し、物事の構造や流れを理解するところから始める。ちゃんと理解できれば説明できる。

俯瞰力:良いと思った文章の構成を調べてみる。真似してみる。

注意力:時間を短く区切って集中力を持続させる。執筆と校正の時間を空ける。

表現力:外界を五感で感じ、本を読む。あらゆるものを吸収し、アウトプットしてみる。

想像力:まずは読者の人格や属性、特徴を具体的に定めて、その人がどう感じるか考えてみる。

発想力:日々のインプット+思考+アウトプットの積み重ね。視点の切り取り方を工夫する。

引用元:https://buntou.jp/proofreading/bunshoryoku

文章力といっても、細分化するとたくさんの力があります。

よく学生時代の勉強でも国語ができないと、他の英語や理科、社会も点数が上がらない!なんて聞いたことはありませんか?

理由は、国語ができないと読解力や文章力が身に付いてないので、テストで問われている内容を理解し、文章や言葉にする力がないから。なので、国語、いわゆる文章を読む、書く、聞くといった力はベースであり、地味ですがかなり重要です。

さらに、文章力って定量化できないので評価が難しいんです。

例えば、エンジニアなら〇〇というプログラミング言語が書けます。英語ならTOEIC〇〇です。みたいな感じでスキルを定量化できますよね。けど、文章力って定量化しにくいし、文章を届ける相手によっても伝わる、伝わらないがあります。

だからこそ、ベースのスキルでありどんな職業や仕事にも必要な力だと言えるでしょう。

言葉にできるは武器になる

とはいえ、いきなり文章書けって言われても難しいですよね。

そもそも、文章を書くためには、自分の考えを言葉にすることが必要です。そこで、おすすめの本が「言葉にできるは武器になる」です。

3、4年前に出版された本ですが30万部のベストセラー。

この本では、自分の思っていることを言葉にする方法が徹底解説されています。文章力のノウハウは一旦おいといて、まず言葉にしてみるところから勉強してみましょう。

また、言葉にする上での大切な日本語の型についても書かれています。

①たとえる「比喩・擬人」:わかりやすい言葉でイメージを共有する

 例)なみだは人間のつくるいちばん小さな海です。

②繰り返す「反復」:大事なことだから繰り返す

 例)未来を考えない者に、未来はない。

③ギャップを作る「対句」:強い言葉はギャップから生まれる

 例)生きるとは呼吸することではない。行動することだ。

④言い切る「断定」:曇りない言葉で明確な未来を打ち出す

 例)我が辞書に、不可能の文字はない。

⑤感じる言葉を使う「呼びかけ・誇張・擬態」:「感じる言葉」が聞く耳を持たせる

 例)やってみなはれ。やらなわからしまへんで。

引用元:「言葉にできるは武器になる」戦略1:日本語の型を知る

言葉にする、文章を書くのに苦手意識がある方はぜひ読んでみてください。

文章力をアップさせる具体的な方法3つ

文章を何度も書く&書き直す

僕が紹介した本を読んだり、YouTubeで学んだりしてインプットがある程度進んだら、ひたすらアウトプットです。書くしか文章力は上がらない。

さらにインプット過多になると、余計に書くことが辛くなるので、まずは、書いてみて自分で違和感がある場合は、書き直す。

僕も今、頑張って書いています。

ココでいう文章のアウトプットは仕事の報告書でもいいし、転職を考えているのなら職務経歴書を作るのもいいでしょう。さらに、副業に直結させるならブログやWebライターに挑戦するのもありです。何かしら目的がある方がベターでしょう。

ひたすら書く、言葉にする。さらに自分で読み直す。その繰り返し。

文章を添削してもらおう

次に添削です。誰かにひたすら赤ペン入れてもらいましょう。

赤ペンで否定されるなんて怖い…っていう人もいると思いますが、文章力は否定してされないと伸びないです。

誰でもいいです。友達でも彼女でも上司でも。誰かに見てもらうことで読者視点でのアドバイスがもらえます。客観性も上がりますし、何より自分で気が付かないことが明確になる。

僕の場合は、副業でブログを10記事ほど書いた後、自分ではSEO対策しつつ正しい文章力が身についているのか不安でした。

SEOとは?

「Search Engine Optimization」の略で、直訳すると「検索エンジン最適化」です。

噛み砕いて説明すると検索エンジンでキーワードが検索された時に自分の記事が上位に表示されるように工夫することです。SEOライティングでは、単に文章力だけでなく検索上位されるために特別な対策が必要です。

そこで、Writing Hacks(ライティングハックス)というライティングスキルがアップできる動画教材で特にSEOライティング力を磨いています。

Writing Hacksとは?

㈱スキルハックスが運営しているライティングスキルを身に着けて、Webライターとして活躍していくためのサポートをしてくれる動画学習タイプの講座です。特にSEO初心者にも分かりやすく、基礎から学ぶことができます。

実は文章力と言っても、ブログやWebライティングに求められる文章はシンプルな分かりやすさや面白さだけでなく、検索エンジンGoogleが理解しやすい文章であるかも大切。そのためにはSEOの知識が必要です。

現在、やっと半分くらいは理解できたので、復習や振り返りも兼ねてレビュー記事を書いています。気になる人はぜひじっくり読んでみてください。意外と成果が出たので成功イメージが付きやすいかもしれません。

僕が実際に文章を書いて、プロのWebライターさんに(なんと月収100万超えです)に添削してもらいました。

文章力でお金を稼ぐ

文章力をWeb系に応用すると、Webライターでお金を稼ぐ選択肢もあります。Webライターとは、Web上で読まれる記事を書いてお金を稼ぐお仕事です。

せっかくこの記事を見て、文章力を上げようと頑張るなら文章力をお金に変えてみませんか?お金につながるとモチベーションもアップします。

Writing Hacksによると分かりやすい文章を書くWebライター、文章力アップに取り組んでいるWebライターは少ないようです。

Writing Hacksの講師、沖ケイタさんのブログでもWebライター業界について徹底解説されています。

Writing Hacksは一般的な文章力+SEOライティングに特化した内容に加え、実際にWebライターとして仕事を始める方法まで網羅的に学ぶことができます。

しかも、現役Webライターにも質問し放題!

Writing Hacksの他にはないメリットは以下のとおりです。

・実績ある講師にいつでも相談できる

・動画教材なので隙間時間で気軽に学べる

・ライティングのスキルを爆上げできる

・未経験からでも学べる

・実際に自分の記事を添削してもらえる

・卒業後には仕事を振ってもらえるチャンスがある

・卒業したら名簿に掲載されるのでお仕事の営業に使える

引用元:https://www.proof0309.com/entry/writing-hacks

僕も受講してまだ3ヶ月ですが、少しずつWebの文章に慣れてきました。

皆さんも毎日文章を書くことで文章力を磨きながら僕と一緒に副業に挑戦してみましよう。文章力が上がれば副業の選択肢は広がります!

今回は以上となります。

読みたい場所をタップ!
閉じる